日本から遠い遠い、南アフリカ・ダーバンで3年過ごし、日本に再び戻った日々のあれこれ


by tcruikong
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

優しさ振りまき隊

a0133747_7583536.jpg

女優の坂井真紀さんが言ってました。
「優しさ振りまき隊」。隊員随時募集中!

例えば、とても態度の悪いタクシーの運転手に
遭遇してしまった時、いや、相当腹立ちますよ!
でも、最後まで、笑顔で優しく接するようにするのです。
いや、相当腹立ちますよ!(しつこい?)
ま、その人が根本的にねじまがった人間だったら仕方のない話ですが、
「あ、いまの女性の笑顔で、なんか気分が良くなったな。」
なんて展開になり、「お、優しさっていいなぁ!次のお客さんには
ちゃんと接するぞ。はっはっは!」と優しさが広まる。
そして、次にそのタクシーに乗ったお客さんが
「いい運転手だったなぁ!優しさっていいなぁ!」
と優しさがさらに広まる。これが、「優しさ振りまき隊」。

写真は、上司のS元さん奥様訪ダーバンの際
我々に差し入れて下さったもの。
おお、これですよ。これこれ。「優しさ振りまき隊」。
忘れず実行せねばなぁ。
[PR]
by tcruikong | 2010-11-25 07:49 | 日々のこと | Comments(0)
GOETHEという雑誌、比較的歴史の浅い雑誌ではありますが、
なかなか読み物として面白い連載がたくさんあります。

たぶん、メインターゲットは「働いている男性」
だと思われます。が、女性が読んでも結構イケる。

今日はその中から2つを抜粋してご紹介。

--------

●現代の結婚 by村上龍

政府は、子ども手当てなどの支給で少子化対策を図っているが、
そもそも結婚できない層や、結婚したくない層が増えているので、
効果は限定的だと思う。50歳未満の男の約8割は年収が400万円
以下で、そんな経済状態では結婚して子どもを育てていくのは
むずかしい。飢え死にや凍死をさせずに単に成人するまで子どもを
ケアするだけだったら、年収400万円でも何とかなるかも知れない。
だが、子どもが一人で生きていけるようにするための教育には
お金がかかる。

仕事を持つ女性たちは、結婚と子育てによって、仕事そのものを
失ってしまうことが多く、独身時代より生活レベルが下がる。
産科の予約を取るのも簡単ではなく、保育所探しも非常に困難で、
子どもに手がかからなくなったと再就職を希望してもなかなか
うまくいかない。

婚活など、結婚願望が復活しているような現象が見られるのは、
配偶者を得て経済的にサバイバルしたいという思いと、家族を
作って生活の充足感を得たいとう思いがあるからだろう。
経済的にも精神的にも、ひどく生きづらい社会なので「藁にも
すがる」ように、結婚というシステムに依存しようとしている
ように見える。

そういった状況で結婚を実現しているのは、ごくわずかな
「勝ち組」の男女と、リスクとコストを考えることができない
底辺層の男女だと言われている。生活レベルを落とさずに
結婚と子育てができる富裕層と、子どもができたし他にすることも
ないからという理由で結婚する底辺層である。そういう状況は、
当然経済的格差を大きくするし、また世代間に循環させる。
富裕層は、子どもに十分な教育費をかけることができる。
底辺層で生まれ育つ子どもは、一人で生きていくスキルと知識を
身につけることが非常にむずかしくなる。

格差が固定された社会はダイナミズムを失っていく。成功を
望んでも所詮不可能だというコンセンサスが浸透して、個人と
社会とのつながりとしての仕事の意義も希薄になっていく。
そして、長い年月の末に生まれた現実なので、こういった状況を
短期間で打破するのは無理だ。結婚できない男と、結婚したく
ない女は、今後も減ることはない。マーケティングビジネスなどでは、
すでにそういった状況は確かな前提となっている。

--------

●ゲーテの言葉 by明川哲也

「私はなおこれから 見たいと思うものの
全体の表を 今つくっているところだ」

やはりゲーテもそうだったのだ。行動の前の表作り。
リストマニアである。

多岐にわたる仕事をこなせる者は、全体を俯瞰で見られる
能力を持っているはずだ。座標軸を感じられるからこそ、
今日一日、自分が何をなすべきかについてリストアップ
できるし、それを行動に移せる。ゲーテはナポリでこの
言葉を残した後、「時間の短いことは既定の事実である」
と付け加えている。たしかに人生は短い。日々は一瞬だ。
そんなの当然だろう、というわけだ。亡き開高健さんも
ことあるごとに「悠々として急げ」と語られていたが、
まさにその通り、とにかくリストアップして自身の人生を
デザインせよ、決してデザインされるな、迷っていないで
やりたいことをやっちまえよ、という檄である。

表作りが効果を発揮するのは仕事ばかりではない。
たとえばボクは、毎週食べる野菜十八種をリストアップ
している。週末までブロッコリーに出会わなければ、
なにがなんでもそれをつまみに飲む。こういう習慣が
ついてから、不健康を楽しめるほどに健康である。

「今日覚えるイタリア語リスト」「今週中に訪ねたい
バーのリスト」「感謝しているので何か贈り物をしたい
人リスト」・・・豊饒のための表作りが色々とできそうだ。

--------
[PR]
by tcruikong | 2010-11-24 19:57 | 記事 | Comments(0)

お次はママの番!

a0133747_2583714.jpg今度はママ達だけで(!)Xmasパーティ。Durban Northにあるイタリアンレストラン・Mama Luciana[ママ・ルシアナ]にて。この日はべべはパパもしくは別のシッターに預けてね。皆でプレゼント交換もあり★
写真右のクラッカーは、中にプチギフトが入ってるんだー。
a0133747_2585490.jpg女同士、ママ同士、本当に盛り上がった♪♪結局みんな閉店までいたな。日付が変わるギリギリにシンデレラのように帰宅!
国籍は違えど、子育てにて日々思うアレコレは同じなんだと再確認(笑)。こうやってたまには息を抜きつつ、ガス抜きもしつつ、大事ですよねそゆこと!こういう部分、日本ではまず無いだろうなって思う。でもたまにはこうして「ママ」をちょっとだけ休んで「女性」いやこの場合は「ガールズ?」(突っ込みは受け付けない・笑)になるって精神衛生上すごく良いかも?重要かも?いやいや本当に。やぁ~、母ちゃんこれでまたエネルギーチャージしちゃったからねぇー!わっはっは!(○`▽´○)

[PR]
by tcruikong | 2010-11-22 02:57 | 南アフリカ | Comments(2)

初めてのXmasパーティ

Xmasパーティの季節がやって来ましたねぇ♪

ここ南アフリカはキリスト教徒がメインの国なので
こういうパーティが教会で行われることが多いようです。

ちょうどこの週末、11/19(金)・20(土)と続けて
Play Group・クリニックのパーティがあったんだー。

入場したら、名前入りのミニギフトもらえた。「わー、嬉しい♪」
a0133747_20114942.jpg


みんなでFather Christmas[ファーザー・クリスマス]を待ちます。
a0133747_2011169.jpg


大きな声で「ファーザークリスマース!!!!!」
あっ!来た来たー。「何かこのファーザークリスマス背が高いわねぇ」
a0133747_20133836.jpg


ファーザークリスマスからそれぞれプレゼントがもらえます!!!
a0133747_20155526.jpg


なんだけどーーーーーーーー、

みんな怖くて泣いちゃう(笑)。
a0133747_20165715.jpg

a0133747_2018183.jpg

プレゼントもらう時は大丈夫だった滉基も、
記念にってもう1回抱いてもらったら、やっぱり泣いた。
a0133747_20181747.jpg


プレゼントは砂場キットでしたー。
プラスチック製ブルドーザーみたいなの?にショベルがついてる。
これから大活躍してくれそう♪♪

-------------

そして翌日。
また別のXmasパーティね。

やっぱり気にはなるみたい。ファーザークリスマス登場。
a0133747_2020362.jpg


今度は大丈夫かなー・・・??!
a0133747_20221586.jpg

「ダメ!!やっぱり、ダメー!!!!」
a0133747_20223372.jpg

息子よ。

ま、経験だ、経験。何事もね。
[PR]
by tcruikong | 2010-11-20 20:05 | 息子 | Comments(2)
11/12(金)夕方から出発して、13(土)・14(日)と
Drakensberg[ドラケンスバーグ]に行って参りましたー(`▽´)ゝ

a0133747_4144359.jpg

ドラケンスバーグはKZN州とレソトとの国境を形成している大きな山脈
「ドラケンスバーグ」とは「竜(ドラゴン)の山々」という意味。
地殻変動が造り出した絶壁が幾重にも重なる姿は独特で圧巻。
緑に覆われた深い谷とごつごつした絶壁の山のコントラストが
絶景で、日本の山脈とはまた違った風景が楽しめます。

ここは国立公園の中でも人気が高くて有名だけど、
ゴルフコースもなかなかGOODと専らの評判。
ダーバンから車で2時間半くらい?
比較的気軽に行けるのでよく行くんだけど、直近では妊娠中に、
滉基が生まれてからは初めてだね。

そして今回の目的は、ゴルフー♪♪

いつもお世話になってる皆さん(主に単身赴任の方々)が
企画してくださって、本当に有難いことですね(PД`q)゚。

ドラケンスバーグに向かってそれ行けーって打つのもなかなか爽快
a0133747_4194653.jpg

a0133747_4213256.jpg

a0133747_424379.jpg日替わりでペアを組んでゲームをしたり、2日通してハンディキャップ込みの個人戦をしたり。
やー、メンバーも楽しい方ばかりで本当に楽しかった!盛り上がりました♪
初めてだったけど、面白いコースだったなぁ~・・・!
a0133747_4251247.jpgボボ、ボールはちゃんと池を越えたんだな!
ここ、130mの池越え。1日目はギリギリで落ちたー、、、っと落ち込んでる暇、無し!転んでもタダでは起きない。賞品がかかっている、、が、頑張らねばっ。物が懸かると異常に強い私(笑)。2日目はちゃんと乗せたヨ。
a0133747_4312095.jpg南アのメンバーは、基本、レベルが高い。80台で回る人がザクザクいるんだ、
Σ(゚Д゚ノ)ノすげくね?
そんな上手なのに、始めたばっかの頃の私もよく仲間に入れてくださって、ほんと恐縮&有難かった。やっぱり、とっても勉強になったよね。
a0133747_436613.jpg我が家の王子はシッターのgogo(ズールーのおばあちゃん)とずっと一緒に元気に遊んでいてくれました。母ちゃん、君のおかげで楽しめたよー!ちゃんと優勝したよー!だから許して(笑)。
1年3ヶ月くらい?のブランクのある私に優しいハンディキャップを与えてくれたおかげで、ね!グロスは両日とも103.ま、同じコースしたからって良くなるわけではないんだね(*ノωノ) イヤン 自分としては満足してまーす♪

-----------

<おまけ>
宿の近くのアートギャラリーでお買い物。

a0133747_4393666.jpg探していた象バッグに出合いましたー!!!!イェイ♪
形といい、大きさといい、使い易い。オーストリッチは日本でも見るけど、象ってのはなかなか無いんだってね。確かに。今まであんまり聞いたことないな。やっと見つかってラッキーでした☆大事に使います!うっす、うっす(`▽´)ゝ

a0133747_4392137.jpg巣作りに励む鳥(Weaverかな?)。綺麗だねー
巣は上手に作られていて、片方が入り口、もう片方は育児室になっている。こんな風景にも出合えますヨ。

[PR]
by tcruikong | 2010-11-13 02:42 | Travel in Africa | Comments(0)

デコパージュ展示会2010

a0133747_4544193.jpg

毎年恒例となっているデコパージュ展示会
今年もこの季節がやって来ました。

出展したのは、この7作品。
出産したことを考慮すると、
私なりに頑張れたんじゃないかなぁ
っと結構満足しています。

今年でなんと3回目の出展です、ワタクシ。
段々とこなれた感じも出てきて?
それとなく流れもわかってきて?
基礎の上に、少しずつ自分なりのアレンジを
加えて楽しむようになってこれた気が・・・?!
(っと、自らハードルを上げる発言、危険!笑)

a0133747_4214237.jpgまずはこれ、トレジャーBOX(宝箱)。南アのランドスケープをイメージして作りました。
赤土の、文字通り色んな色を使って。
a0133747_4293817.jpg横から見たらこんな感じ。これね、実はなかなか手間暇かけて作りました(←何のアピール?!笑)。穴あけパンチでせこせこパーツを作って、それらを貼り付けていく。普通に包装紙を使うよりもずっと時間がかかったけれど、イメージ通りのものが出来るってこんなに嬉しいのかー。
a0133747_4321251.jpg続いてこちら、Book型小物入れ。鍵の類を入れておく用に、玄関近くに置こうと思います。
何気に使ってるこの絵は、昨年自分で描いた油絵
a0133747_4363220.jpg内側にフェルトを貼って(鍵とか入れたらうるさいしね)、ページ部分には金箔を。これで一気にゴージャス感UP。でもブロンズ色にした事とブラッシングで少し落とし(て下色を見せ)てある事で、シックなのにゴージャス。わかる?いいんです、自己満足の世界ですから♪
a0133747_4394614.jpgはい、どんどん行きます!
このお盆は母へのプレゼント用。「何かアフリカの記念になるものを」と、出産のお手伝いに来てくれた時のリクエストに応えて。色々考えた結果、この切手シリーズをチョイス。マンデラ氏をはじめ、実際に使われていた切手のようです。

a0133747_4421759.jpg”RSA(南アフリカ共和国)”と書いてあったりもするので見る度に思い出してくれたらいいなぁ、と。自分用だったら下地を明るいピンク辺りにしそうなものを、母用なのでシックな色合いにしたのが隠れポイント。それが功を奏し、予想以上に素敵な仕上がりになって大満足。
a0133747_4451430.jpgこちら写真立て。
家のすぐ目の前にあるUmhlanga[アムシュランガ]ビーチのシンボルである灯台をテーマに。このように、中にはカラー写真を入れるので、表の写真は白黒に。
入ってる写真もなかなかGOODでしょ?
a0133747_4464931.jpg裏側にカラー写真を貼りました。こうして作ってみると、こんな風に絵に描いたようなところに住まわせてもらえて本当に幸せだなぁーっとしみじみ。
a0133747_4481418.jpg最後はミニお盆。これは自分1人でお茶する時にとっても便利な大きさです♪
この絵をどうしても使いたくってー。

こうしてざざざーっと見てみると、
今年はやっぱ思い出作りに走った感あり(笑)。

細かいことを書くのはよそう。
やー私、よく頑張りました!!
[PR]
by tcruikong | 2010-11-12 15:12 | Hobby | Comments(4)
“Turkish Club”と称して仲良くしてくれていたトルコの子達と、
そこで知り合ったインド系南ア人のDivya[ディヴィヤ]が
Farewell Tea(お別れ会)を開いてくれました。

a0133747_21462.jpg

そもそもは、語学学校に行ったことがきっかけで知り合った私達。
(そこにいたトルコ人の学生が紹介してくれたの。)

会社は違うけれど、彼女達も、私達日本人と同じように
駐在員の妻としてここにやってきたんだよね。
そういう共通点もあって、トルコは国が親日ということもあって、
頻繁に会うわけじゃないけど定期的に会って
お互いに交流を深めてきました。

おかげで今まで全然知らなかったトルコ料理も
たくさん教えてもらったしー♪
(詳しくはCooking Clubのカテゴリを見てね)

南アというカラフルな国に住んでいる良いところは
こういうことでもあるよね(´▽`)

ちなみにこのDivya、何歳に見えますか??
なんと御歳47歳Σ(゚Д゚ノ)ノひょえーーーーーーーー
全然見えなーーーーーーーい!!!!!
「私たちの世代からは皆こうやって若々しくいくのよ!」
と励ましてくれましたが(笑)、私も彼女を見習って
いつまでも若くパワフルにいきたいと思った次第。

やー、やっぱ見た目って大事ですよね?←結局そこ??!(笑)
[PR]
by tcruikong | 2010-11-12 02:12 | 南アフリカ | Comments(0)

初めてのプール

a0133747_011232.jpg南アの中で4本の指に入る名門ゴルフコース・Durban Country Club[ダーバン・カントリー・クラブ]。今年から夫がここの会員になったので、行く機会もぐっと増えました。ゴルフは勿論、休日は家族連れが訪れる場所としても有名で、朝食ブッフェやプールには朝からたくさんの人で賑わっています。
a0133747_0161515.jpg普段から、水に手を突っ込んだり、蛇口から流れる水を触るのが大好きな彼。この日が初めてのプールだったんだけど、予想通り、興味津々。ただ、大人がランチを食べる間に目一杯遊んでしまった為、途中から疲れてきて、プールの中で私から離れることをとても嫌がってしまった、、。し、しまったー!最初っから、プールでじっくりゆっくり遊ぶべきだったね!これが今回の反省点。a0133747_022356.jpgプール上がりにはじいじに買ってもらったティガーガウンを着てね♪これを着てホクフ前進する姿は、何だか本物の野生動物って感じでやけにハマってたな(笑)。
いよいよシーズンが始まった!さぁー、どんどんプール行っくぞー(`▽´)ゝ

[PR]
by tcruikong | 2010-11-07 00:08 | 息子 | Comments(0)
できたー♪♪

ダーバンにやって来た奥様が、まず見て感動するもの。
そして、その中で何人かがトライするもの。

遂に私も手を出してしまった、、!

a0133747_4132560.jpg



じゃじゃじゃ~ん!

そう、刺繍です。

去年、ずぶの素人の私が、無謀にも刺繍ベア
チャレンジしたのを書いたけど、(でもちゃんと出来たよ★)
あれが今回かなり役立ったんだー( ̄▽ ̄)

素敵だな~と思いつつ、何となくこれは避けてきた私、、。
なのだけど?

最近作ったbeeちゃんに聞いてみると?
何々?ふーん、なるほど。
あれ?ほとんど刺繍ベアで作ったパターンじゃん?

てことは、作れるんじゃね???

ということで。

持ち前のオタク気質を存分に発揮して(←え??)夜な夜な作業。
その甲斐あって、何とか1ヶ月くらいで、完成ー♪
(*ちなみに、普通にやると3ヶ月位?上記のbeeちゃん達が
かなり頑張って1ヶ月位でやったと聞いて私も頑張った次第)

a0133747_4484149.jpg

a0133747_4545712.jpg


ま~いろんな色の花があって可愛いのね~♪
ま~ボコボコする花もあって立体的なのね~♪
言い出したらキリがないですが、
思い切り可愛がってあげたいです!!!!(`▽´)ゝ
[PR]
by tcruikong | 2010-11-05 20:10 | Hobby | Comments(6)

とにかく幸せです。

a0133747_413489.jpg

KZNフィルのSpring Season最終日に行ってきました。

ソリスト: オッフェンバッハ チェロのト長調(平たく言い過ぎ?)
メイン: ベートーヴェン 交響曲第5番 「運命」

最初の曲は、初めて聴いた曲。
(と言っても、そんな何でも知ってるぜー!な人間では
元々ないんですけどね、私。)
で、かなり技巧派の奏者で、聴かせる、魅せるチェロ。
正直、私たち夫婦はあまり好みではなかったけれど、
調べてみると、オッフェンバッハの曲自体、
激しく賛否両論だったようなのでそういうもんなのかなー。
会場の反応を見ると概ね好評だったらしく
一部でスタンディングオベーションも起こっていた。
ま、良い経験しました。こんなの絶対、
自分から進んで聴くチャンスなかったもんね。

最後はお馴染み、”ジャジャジャジャーン♪”の「運命」
奏者にとっては王道中の王道すぎて
ちょっとつまんなーいな感じとのことですが、
私にとっては、やっぱ、よかった!!(´▽`)

シーズンの最後に相応しく、
重厚で荘厳なベートーヴェンが聴けて非常に満足。

おまけに最終日は演奏後に外で生演奏(こちらはJazzなど軽い感じ)を
聴きながらシャンペンを頂きます。いいなー、この感じ。

このところ、家でゆっくりクラシックを聴く機会が激減している。
というか、皆無に等しい。
辛うじて車の中では聴いている位で。
だから、こうしてホールに出向いて、
無理やりにでも音楽に集中できる時間を作ることって、
精神衛生上、すごく大事なことだと思った。

いやいや、やっぱりね、ちょっと面倒なんですよ。
19時半を目指して、ベビのことやら自分のことを用意したり、
夫にも会社間に合うように帰ってきてもらったり。
場所もちょっと危ないと言われるCityセンターにあるしね。
なんだけど、行くと必ず、
嗚呼、今日は行けてよかったなって思うのね。

今は便利な時代でCDやDVDで全て聴けるようになった。
それはそれで素敵なこと(私もお世話になってます)。
だけどそれに食べられちゃダメだって思った。
やっぱり生の音は違うな。生の音はいいな。
そこにある空気、真空パックにしてくるからね!
[PR]
by tcruikong | 2010-11-04 04:11 | 南アフリカ | Comments(0)